読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

売り上げ トップ10 シングル編

Mr.Childrenは多くのヒット作があります。

現在はCDが売れない時代とは言われていますが、一つの指標として世間に浸透している曲たちと言えるでしょう。

今回は、CDシングル売り上げトップ10をまとめてみました。

 

1位:Tomorrow never knows(276万枚)

2位:名もなき唄(230万枚)

3位:innocent world(193万枚)

4位:シーソーゲーム〜勇敢な恋の歌〜(181万枚)

5位:【es】~Thems of es~(157万枚)

6位:花-Memento-Mori-(153万枚)

7位:CROSS ROAD(125万枚)

8位:everybody goes-秩序のない現代にドロップキック-(124万枚)

9位:Everything (It's you) (121万枚)

10位:終わりなき旅(107万枚)

 

ミリオンヒットも上記の10曲です。

 

1位から10位を見ると当然ですが全て有名な曲です。1位と2位はダブルミリオンですから、音楽番組で90年代を振り返るシーンが放送される時には流されることも多いです。

私の好きな歌は10位の終わりなき旅です。ライブでも歌われる曲です。ファン人気も高く、前向きになれる歌詞が人気の原因だと思われます。また、サッカー日本代表のキャプテン長谷部誠選手も好きな歌だと話していました。

 

現在は、シングル発売も少ない上に音楽業界自体の売り上げも低下している為、CDシングルがミリオンヒットすることは少ないかもしれませんが、心に残る曲たちを多くの人たちに届けて欲しいと思います。

7月発売の曲は?

7月に発売されたアルバム・シングル・ライブDVDを紹介したいと思います。

 

アルバム

2001年7月11日 ベストアルバム「Mr.Children1992-1995」「Mr.Children1996-2000」発売

シングル

1993年7月1日 「Replay」発売

2002年7月10日 「Any」発売

2006年7月5日  箒星発売

2008年7月30日 「GIFT」発売

ライブDVD

無し

 

 

7月発売は意外と少ないことが分かりました。

7月は、Mr.Childrenとしても出演している「ap bank fes」があることも影響しているのかもしれません。櫻井和寿さんは主催側でもあるため多忙な時期だと思われます。

 

7月発売の曲の中ですと、Anyはカラオケでも歌いやすく良く歌わせていただいています。1996年頃からMr.Childrenを聞き出しましたので、初期の頃の曲は知っていたりあまり聞き込んでいないため詳しくない曲もあります。

2008年発売のGIFTはNHKのオリンピックテーマソングとしても使われた曲で当時テレビでは良く流れていた思い出があります。また、ライブでも歌われていました。私が初めて生歌として聞いたのは「ap bank fes 2008」でした。その後、Mr.Childrenのライブでも歌われており、ライブアレンジが素晴らしく観客と一体感を感じることができる曲です。